手術への決断

TペットクリニックでCTのデータを受け取り、後日かかりつけ病院に報告に行きました。
データは画像診断の専門の機関に出して詳しく診てもらうため、この日は説明は無く、手術をするにせよ内服治療で行くにせよホルモン値を下げなければならないので、お薬をスタートすることになりました。

薬はアドレスタン(トリロスタン)で、量を調節しやすいように液体にした状態で処方されました。
昔のクッシングの薬(ミトタン)は副作用が出ると言うことで辛い治療だったそうだけど、アドレスタンは副作用があまり無いみたいです。
珊瑚ちゃんも副作用は出てないと思います。

7日間飲んで再度ホルモン検査をして数値を確認、それを繰り返しながら適量を探っていきます。
珊瑚ちゃんは2度めの検査で数値が下がってきました。
おかげで多飲多尿も少し収まったの(^^)

その間、色々ネットで副腎&肝臓腫瘍の事を調べてみたり、もし今後内服でしか治療が出来なかった時のことを考えて、CTのデータを1セット余分に出していただいていたので、それを菊理ちゃんの頚椎不安定症&炎症性腸炎でお世話になった神戸の尾崎先生に診ていただいたりと出来ることをしていました。
今回も神奈川のOママのお心遣いで、診断学がご専門の尾崎先生に詳しく診ていただき、アドバイスもたくさんしていただく事ができました。

私がとにかく一番心配だったのは、珊瑚ちゃんが副腎腫瘍を患ったままで苦しくないかということです。
多飲多尿とか食欲が出る、筋力が落ちるといった事は現時点で目に見える病状ですが、それ以外に体が異常にだるいとか、お腹が痛いとかそういった目に見えないわかりにくい部分で珊瑚が苦しくないかが凄く気になったのです。
お話では今の時点ではそういったことは無いのではないか、でも今後症状が進み、合併症が出たりすると状況は変わる事もあるとのお話でした。

肝臓の腫瘍は今の時点ではわからない、でも副腎の手術は可能かもしれない。
エコーを撮りながら薬で様子を見ていくのも一つだけど、薬を飲んでも副腎のサイズが小さくなる事は無いし、サイズが止まるかもわからないのだそう。
様子を見るのなら1ヶ月ぐらいがメドかなってアドバイスをいただきました。

また他に気になったのは、生活習慣でクッシングを発病するのかということなんだけど、それは無いのだそう。
家は手作りごはんだからそれが気になっていたのです。
もし生活習慣が関わっているのなら、他の子達にも今後関係してくるかもしれないから。

ちなみにクッシングにかかりやすい犬種は、ダックス・プードル・ポメラニアン・ビーグル・ボストンテリア・ヨーキー・ボクサーなどで、発症年齢は平均12歳。副腎腫瘍は雌の方が雄の3倍の発症率だそうです。
珊瑚ちゃんもちょうど12歳だから、平均年齢での発病だったな~

7月に何か珊瑚の臭いが気になるから、そろそろまたワンドッグを受けなきゃなーってブログに書いてるのね。
9月に秋の健康診断を受けるし、その後でもいいかって考えずに、その時に受けていればもっと早く病気が見つかったいたかも(><)
後悔しても遅いけど、10歳を過ぎたら気になった時にやっぱり調べるべきだねって思いました。

家は年2回の血液検査は受けてるから、10歳過ぎたらエコーをしたほうが安心かもな~。
副腎のサイズも、1~2ヶ月ぐらいで凄く大きくなることもありますって、Tクリの先生が気付かなかったと落ち込んでいる私を慰めてくれました。
ワンコの1年は人間の4年だから進行が早いからって。
確かにそうだよね。
これからみんなシニアの域に入っていくわけだから、心しておかなきゃね。

受診したわけでは無いのに、菊理を診ていただいた事のご縁とO様のおかげでお電話で色々と親身にアドバイスをくださる尾崎先生。
本当に感謝してもしきれません。
この度はお忙しい中、ありがとうございました。

そして今後の珊瑚の治療の方向ですが、尾崎先生とお話した次の日にかかりつけ医からCTの説明を受けました。
尾崎先生より色々ブルーなことを言われたけど、前日に説明を聞いていたのでよく分かったし大方は同じような説明でした。

先生も肝臓の腫瘍が新たに見つかったので、積極的に手術と言うより良く考えて決めてくださいって感じ。
私も副腎だけの時はリスクがあるけど手術を受けようって思っていたけど、様子を見るかどうか悩み始めました。

でも1週間後の再検の時、先生は手術をする気満々に変わってたー(><)
手術予定は7日後。この時を外すとスケジュールが取れなくて来年になりますとかいきなり言うんだよー
あまりの急展開に頭がフリーズしちゃいました

この先生、ちょっとワンマン系なんだよねー(><)
腕は悪く無いと思うけど、話を聞いてくれないのがちょっと嫌い。
優しくないんだよねー

その日は決断できず後日連絡しますと言うことで、数日悩みまくった結果、手術を受けることにしました。
副腎が無事に取れれば今後予防できる病気もあるだろうし、時間が経てばもう手術はできなくなるかもしれない。
特に糖尿病になると珊瑚も辛いと思うから……

リスクが凄く高いけど、珊瑚は頑張ってくれることを信じて送り出すことに決めました。
神様、どうぞ珊瑚に生きるチカラをください。

頑張れ珊瑚!



珊瑚ちゃん、明日12月3日に手術を受けます。
どうぞ無事に終わるようにエールを送っていただけると嬉しいです。



ランキングに参加中です。応援よろしくお願い致します。
バナーをポチッとしてね☆


犬ブログランキングにも参加しています。応援よろしくお願い致します。
バナーをポチッとしてね☆
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ カニンヘンダックスフンドへ

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいね

たくさんの先生に意見を聞いて熟考したyukoさんの決断は間違ってないと思います。
手術無事に終わることを祈ってます!
珊瑚ちゃん頑張って!!!

二者択一…全てが自分の決断になってしまうってこと、凄く重く苦しかったと思います。
私もyukoさんの決断は間違ってないと思いますよ。
珊瑚ちゃんもきっと、分かって頑張ってくれるはずです。
明日、ずっとずっと祈ってますね。

No title

ちっと さま

珊瑚へのあたたかいエールをありがとうございます。

この今になっても、この決断が正しかったのか
心配でなりません。

頑張って乗り越えてくれることだけを祈ってます。

有難うございました。

No title

RITZ さま

珊瑚へのエールをありがとうございました。

こんな時ほど言葉が通じればよかったのに
と思います。

この今になっても決断が正しかったのかと
悩んでいますが、珊瑚が乗り越えてくれることを
信じるしかありません。

お心使い、有難うございました。
カウンター
プロフィール

sango2yuko

Author:sango2yuko
ラクエンノキオクへようこそ!

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
(メールソフトが起動します)
メールバナー

また、こちらのメールフォーム
もご利用いただけます。
フォームバナー
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索